水戸ホーリーホック 2018 ホーム ユニフォーム 半袖 レプリカ

水色を採用した水戸ホーリーホック2018ホームユニフォームが登場!デザインコンセプトが『Re:design(リデザイン)』、この記事は、2018シーズン水戸ホーリーホック ユニフォーム ホーム 半袖の詳細を書いております。

メーカー:ブルー

特徴:

・jリーグ参入を目指していた頃、歴代で唯一水色が使用されており、その水色を新ユニフォームでは全てのモデルに再現。

・メイングラフィックには、古くから日本のプロダクトデザインに用いられていた檜垣柄を採用。

・現代でも身近に使用されている日本伝統模様の檜垣柄を採用し、クラブという存在が関わる人々にとって身近な存在であることを意味。

・ナンバーネームフォントは、ユニフォームに合うように毛筆に近い表現をしたデザインを採用。

・右袖にはホームタウンをデザイン。

・右袖の「明治安田生命jリーグ」エンブレムをデザイン。

・スポンサーロゴがプリント。

・観戦を目的としてレプリカのため、選手着用のオーセンティックモデルと比べ横幅に余裕がある設計になっています。

セリエA ユベントス ユニフォーム 2017/2018 一覧

今回は、イタリアのプロサッカーリーグであるセリエA ユベントスの2017/2018シーズンのサッカーユニフォームを簡単に紹介します。ユベントス ユニフォーム ホーム・アウェイ・サード 半袖などをお好きな方は是非こちらへ。

まずは、ユベントスの基本情報を簡単に説明します。

ユベントスはイタリアプロサッカーリーグ(レガ・カルチョ)に加盟するプロサッカークラブです。ホームタウンはイタリア・トリノです。セリエAにおいて最も成功したクラブの一つです。セリエAでは「三階建て」構造と呼ばれますよ。

次は、2017/2018シーズン ユベントス ユニフォームのデザイン情報を紹介します。

ホーム

ユベントスの2017/2018ホームユニフォーム半袖は、1940年代に敬意を払ったデザインを採用しました。スタンドカラー(立襟)を採用するなど印象的な仕上がりです。背面の広範囲に入れられた黒も当時を思わせます。目に引くのは、クラブエンブレムが変更しました。オシャレな新エンブレムが左胸に配置されています。アディダスの象徴として「スリーストライプス」が脇に配置。

アウェイ

ユベントスの2017/2018アウェイユニフォーム半袖はイエローを基調にデザインしました。肩のスリーストライプスや袖口などはブルーを配しました。この2色は地元トリノの紋章や旗に使われている色です。全体的なデザインは、優勝した1983-84シーズンのカップ・ウィナーズ・カップで着用した、80年代のKappa社製アウェイユニフォームに近い感じ。

サード

ユベントスの2017/2018サードユニフォーム半袖はクラブ史上で珍しいクラフトグリーンをペースにデザインしました。色・デザインともに1940年代から50年代にかけて使われたユニフォームによく似ており、当時も同じようにホワイトとブラックのボーダーを胸部にあしらっていた。肩のスリーストライプスや袖口などの差し色にブラックを配しました。首周りはリブ素材のクルーネックでフィット感を高めます。クラブの象徴的な白と黒の縦縞に、新しいエンブレムの組み合わせて、クラブの未来を表現しています。エンブレム上の★が刺繍。

スペインリーグのバレンシアCFについて

スペインリーグはスペインのプロサッカーリーグです。スペインではラ・リーガ (La Liga) と呼ばれています。

バレンシアCFは、スペイン・バレンシアに本拠地を置くサッカークラブチームです。リーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンに所属しています。クラブカラーは白とオレンジです。2015年からバレンシアCF ユニフォームのサプライがドイツの大手スポーツ企業「アディダス」に代わりました。

バレンシアCFの印象:

バレンシアCFはヨーロッパで有名なサッカー強豪クラブだと思われます。バレンシアCFが多くな時間でプリメーラ・ディビシオンに所属しています。1931-32シーズンにはクラブ史上初めてプリメーラ・ディビシオン(1部)に参戦しました。ビセンテ・トルモ会長政権下の1983-84シーズンと1984-85シーズンは借金が重くのしかかり、選手やスタッフへの給料未払い、士気の低下など、内部問題によってクラブが分裂しました。1931年以来プリメーラ・ディビシオンに留まり続けていたが、1985-86シーズンは18クラブ中16位となり、創設55年目にしてクラブ史上初の降格となりました。アルトゥーロ・トゥソンが新会長に就任してディ・ステファノを監督に復帰させ、わずか1シーズンでプリメーラ・ディビシオン昇格を決めました。この後は、バレンシアCFがずっとプリメーラ・ディビシオンに留まり続けていきました。

バレンシアCFの輝き:

1961-62シーズンでインターシティーズ・フェアーズカップ(UEFAカップの前身)で成功を収めしました。1961-62シーズンの同大会では決勝でFCバルセロナを破って初優勝し、1962-63シーズンの同大会でも決勝でNKディナモ・ザグレブ(クロアチア)を破って2連覇を達成しました。1963-64シーズンの同大会でも3年連続で決勝に進出したが、今度はレアル・サラゴサに1-2で敗れて準優勝に終りました。1979-80シーズンにはディ・ステファノが監督に復帰し、UEFAカップウィナーズカップ決勝ではアーセナルFC(イングランド)をPK戦の末に破って優勝した。1980年のUEFAスーパーカップでは、UEFAチャンピオンズカップ王者のノッティンガム・フォレストFC(イングランド)と対戦し、アウェーゴール差で上回って新たなトロフィーを加えました。それも、スペインのクラブチームはヨーロッパスーパーカップでの優勝は史上初となりました。

プレミアリーグのチームスタジアム

2017/18シーズンプレミアリーグ参加チームリスト&スタジアム

2017-2018年シーズンのプレミアリーグのクラブ数は前年同様の20。ニューカッスル・ユナイテッド、ブライトン&ホーヴ・アルビオン、ハダースフィールド・タウンがプレミアリーグ (PL)に昇格。

マンチェスター・ユナイテッド:オールド・トラッフォード
ニューカッスル:セント・ジェームズ・パーク
サウサンプトンFC:セント・メリーズ・スタジアム
マンチェスター・シティ:エティハド・スタジアム
アーセナルFC:エミレーツ・スタジアム
チェルシーFC:スタンフォード・ブリッジクリスタル・パレスFC
リバプール:アンフィールド
トッテナム・ホットスパーFC:ウェンブリー・スタジアム
レスターシティ:キング・パワー・スタジアム
エバートンFC:グディソン・パーク
AFCボーンマス:ディーン・コート
ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオンFC:ウェスト・ブロムウィッチ
ウェストハム・ユナイテッドFC:ロンドンオリンピックスタジアム
ストーク・シティFC:Bet365スタジアム
クリスタル・パレスFC:セルハースト・パーク
スウォンジー・シティAFC:リバティ・スタジアム
バーンリーFC:ターフ・ムーア
ワトフォードFC:ヴィカレッジ・ロード
ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオンFC:ファルマー・スタジアム
ハダースフィールド・タウンFC:ガルファーム・スタジアム

素晴らしいSSCナポリのこと

SSCナポリはイタリア・ナポリを本拠地とするサッカークラブチームです。所属リーグはセリエa。ホームタウンもナポリです。

2017年10月29日に行なわれたイタリア1部リーグ「セリエA TIM 2017-18」第11節、SSCナポリ対USサッスオーロ・カルチョの試合はホームのナポリがMFアランとFWホセ・カジェホン、FWドリース・メルテンスのゴールによって、サッスオーロに3ー1で勝利しています。

それもセリエa リーグの中で11回目の連勝です。

SSCナポリの印象:

2010/2011シーズン、SSCナポリは、強いトレンドを表現しました。チャンピオン優勝を奪う状況に存在しています。特に、エディンソン・カバーニが2011-12シーズンもゴールを量産し続け、最終的にシーズン通して35試合に出場し23ゴールをあげ自身は得点ランキング3位となりました。エディンソン・カバーニにも2012-13シーズンは、29ゴールを挙げる活躍を見せ、初のセリエA得点王に輝きました。

私たちもナポリの新しいマラドーナ時代を楽しみにしています!