スペインリーグのバレンシアCF

スペインリーグはスペインのプロサッカーリーグです。スペインではラ・リーガ (La Liga) と呼ばれています。

バレンシアCFは、スペイン・バレンシアに本拠地を置くサッカークラブチームです。リーガ・エスパニョーラのプリメーラ・ディビシオンに所属しています。クラブカラーは白とオレンジです。2015年からバレンシアCF ユニフォームのサプライがドイツの大手スポーツ企業「アディダス」に代わりました。

バレンシアCFの印象:

バレンシアCFはヨーロッパで有名なサッカー強豪クラブだと思われます。バレンシアCFが多くな時間でプリメーラ・ディビシオンに所属しています。1931-32シーズンにはクラブ史上初めてプリメーラ・ディビシオン(1部)に参戦しました。ビセンテ・トルモ会長政権下の1983-84シーズンと1984-85シーズンは借金が重くのしかかり、選手やスタッフへの給料未払い、士気の低下など、内部問題によってクラブが分裂しました。1931年以来プリメーラ・ディビシオンに留まり続けていたが、1985-86シーズンは18クラブ中16位となり、創設55年目にしてクラブ史上初の降格となりました。アルトゥーロ・トゥソンが新会長に就任してディ・ステファノを監督に復帰させ、わずか1シーズンでプリメーラ・ディビシオン昇格を決めました。この後は、バレンシアCFがずっとプリメーラ・ディビシオンに留まり続けていきました。

バレンシアCFの輝き:

1961-62シーズンでインターシティーズ・フェアーズカップ(UEFAカップの前身)で成功を収めしました。1961-62シーズンの同大会では決勝でFCバルセロナを破って初優勝し、1962-63シーズンの同大会でも決勝でNKディナモ・ザグレブ(クロアチア)を破って2連覇を達成しました。1963-64シーズンの同大会でも3年連続で決勝に進出したが、今度はレアル・サラゴサに1-2で敗れて準優勝に終りました。1979-80シーズンにはディ・ステファノが監督に復帰し、UEFAカップウィナーズカップ決勝ではアーセナルFC(イングランド)をPK戦の末に破って優勝した。1980年のUEFAスーパーカップでは、UEFAチャンピオンズカップ王者のノッティンガム・フォレストFC(イングランド)と対戦し、アウェーゴール差で上回って新たなトロフィーを加えました。それも、スペインのクラブチームはヨーロッパスーパーカップでの優勝は史上初となりました。